経営幹部への転職

経営幹部への転職

 転職というと一般社員や管理職クラスをイメージしがちですが、中には経営幹部や経営者に転職するケースも少なくありません。

 

 経営者への転職は、一般の転職情報誌などには求人情報が掲載されることはありません。多くのケースでは転職エージェントやヘッドハンティング会社などを通じて転職が行われます。

 

転職への道

 経営幹部クラスに転職してステップアップするためには、会社での実績が無ければ話は始まりません。自分の業績として誇れるようなプロジェクトや企画を立案し、一定の成果を積んでおく必要があります。転職と第一歩を踏み出す前に、まずは自分の仕事に専念して実績を重ねておきましょう。

 

面接マナー

 経営幹部への転職でも、一般の転職と同じように採用面接が行われることがあります。形式として行われることも多いのですが、役員会で能力や人柄をチェックされることもありますからきちんと対策をしていきましょう。

 

 覚えておきたいマナーとしては、身に着けているものの品質です。安物のスーツにくたびれた靴では、経営に携わる人間としてはふさわしくない装いです。仕立ての良いスーツを着用し、ピカピカに磨き上げた靴を履いていきましょう。腕時計もそれなりのブランドのものを着用して置かないと会社幹部としてふさわしくないと判断されてしまいます。

 

 健康状態に問題があると大きなマイナスになってしまいますから、健康体であることをアピールしましょう。健康診断結果をていゅつするのも有効な方法です。

 

 

就職情報サイト紹介
高卒で就職するために知っておきたいこと
高卒者の基本的な就職活動の方法

 

http://xn--vekv29f5qdt3kuv9b.net/
中卒から就職を考えたら見てみましょう